Skip to content

2015年4月29日(水)11:40-13:00「ワールドバンクの真相?弁護士カレン・フーデスの暴露情報」のレッスンを、ライブ配信します

※レッスンで使用する資料はこちら。

疑問や気づき、シンクロニシティーなどありましたら、
当記事、またはエハン塾 シンクタンクに、お気軽にご投稿ください。

 

 

エハン塾ニュースレター

ご登録いただけますと、エハン塾の最新情報を、メールにてお受け取りいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 コメント “2015年4月29日(水)11:40-13:00「ワールドバンクの真相?弁護士カレン・フーデスの暴露情報」のレッスンを、ライブ配信します

  1. hoshi

    2015年4月29日(水)11:40-13:00「ワールドバンクの真相?弁護士カレン・フーデスの暴露情報」のレッスンについて
    素晴らしい講義ありがとうございます。 友人の勧めで少しずつYoutubeにてエハン先生の講義を聞くようになりました。世の中の知らないことの多さに驚くばかりです。 この講義の大事なテーマからは全く離れた小さなことですが、気になったのでコメントを残します。日本では確か造幣局(Japan Mint)では硬貨(貨幣)のみを製造しており、紙幣(日本銀行券)は日本銀行(Bank of Japan)が国立印刷局(National Printing Bureau)で印刷していたのではないかと・・・ 後の講義で修正されたのでしょうか?すべての講義をすぐに聞くことなく不勉強の私がこのような質問で申し訳ありません。
     

    返信
  2. trevor freeman

    リーマンショックを含めてですが、bank 、金融関係の人々は何一つ反省する事無く、いまだに同じ金融システムを推し進めようとしていて、エハンの言う90%の国民は、10%の奴らの為の奴隷にされ何も知らず生かされている状態です。全体の0.01%の人達しか事実を知らないこんな状態では何も変わらないですね。大変革、革命にて世界を良く変えるには1つ方法が有ります。出来ない事かも知れませんが、戦後の日本にもあった様に地主からの農地解放や、財閥を解体し、不平等の格差を無くす為に国民に分配し出来る限り、国民が平等に暮らし国全体を強くする、の様に国際銀行は今までの決算を整理し、飛び抜けた富豪たちの財を一定額、取りあげ、世界の国民の借金はZERO,国家間の借金もZERO, 全ての数字をリセットし、断固たる新たな金融ルールの下、マネーゲームの廃止をし、新たな仕組みを作り、再スタートする必要がありと思われます。有りもしない金で金を貸し、不当なトリックで利子で金を吸い上げ子供1人作れない、育てられない社会にした奴らを止めなければ。もう一つの最大のトリックは、クレジットカードです。担保もない我々に、使える金額を決められ、使えば使うほど、もっと貸します、もっと貸します等と、金を貸します。そして、毎月の最低支払額はこれだけですよなどといい、時間を寝かせる事により、利子をぶんどり我々が返せなくなるまで追い込み、これこそ、皆、だまされているのです。まさに銀行家は腐ってます。国債券の仕組みと同じです。私は、十年前から自分に近い人に1月で返せないのならカードは使うな。毎月満額を 0 にkeep 出来るのであれば良いが出来なければ使用すべきでなく、大体クレジットカードの仕組み自体、詐欺である。皆だまされてます。これからは、現金の時代だと唱えても誰も聞いてくれませんでした。まるで、エハンの言う、アイルランドの時の様に。腹が立ちます。金融関係奴らには。どうにも出来ない事かもしれませんが、今回また、素晴らしい講義でした。楽しかった。有難うございます。well then I will be expecting for your next lecture. thank you my mentor Mr. Echan

    返信

トップに戻る